高周波利用設備申請について

表題についての注意喚起です。
今一度、該当機器を扱っているご施設は、ご確認の程よろしくお願いいたします。
下記に詳細・関係する法律を載せておりますのでご参照ください。

高周波利用設備申請とは
医療用電気メス(出力50Wを超えるもの、APCは含まれません)は設置する前に許可を受ける必要があります。申請を行っていなかった場合、罰則規定「一年以下の懲役または50万円以下の罰金(電波法第110条)」があります。
申請は原則として電気メスを使用する当該医療機関が自ら行うのが原則で、納入業者が行わなければならないものではありません。ただし申請書類に技術的用語等が含まれているため医療機関の委任により代行して申請を行うことは可能です。

電波法 第100条(高周波利用設備)
左に掲げる設備を設置しようとする者は、当該設備につき、総務大臣の許可を得なければならない。
第1項第2号
ー略ー10キロヘルツ以上の高周波電流を利用するもののうち総務省令で定めるもの
電波法施行規則第45条(通信設備以外の許可を要する設備)
法第100条第1項第2号の規定による許可を要する高周波電流を利用する設備を次の通り定める
第1号
医療用設備(高周波のエネルギーを発生させて、そのエネルギーを医療のために用いるものであって50Wを超える高周波出力を使用するものをいう)